Mieko Hirota 弘田三枝子

September 28, 2009

Mieko Hirota-1Mieko Hirota-2

Growing up listening to pops and jazz in places like Tachikawa frequented by the Occupation troops, ” Miki” (or “Mici”) sang her debut single 子供じゃないの (a cover of Helen’s Shapiro’s Don’t treat me like a child) in 1961 at age 14. By the following year, she was tapped to sing ヴァケイション (Connie Francis’ hit: Vacation) on the spectacular NHK’s (Nippon Hōsō Kyōkai, or Japan Broadcasting Corporation) new year’s eve celebration Kōhaku Uta Gassen and was invited back for the next four years in succession, and again in 1969, 1970 and 1971. She sang the theme song, “Leo no Uta,” for the popular Japanimation TV series Kimba the White Lion.

(子供じゃないの DON’T TREAT ME LIKE A CHILD)
先生は駄目だと 言うけれど
お出かけするときはね
マッ赤なハイヒール
私もそろそろお年頃
おしろい口紅つけたいな
するとね みんなが ステキだって言うの
たまには イカした男の子と
腕くみ二人で 行きたいわよ
コーヒーのみに
すてきな人から さそわれて
ハートがドキドキ してきたら
それはね 恋でしょ もうなんでもわかるの
隣のおじさん ステキだけど
いまでもガムを 買ってくれるから嫌い
パパやママは いつまでも私のことを
子供と思っているけれど
外をね 歩けばほら みんながふりむくの
子供じゃないのよ

Advertisements